愛き夜道

アルバム:Chill★Now
サークル:魂音泉
Vocal:ランコ、雨天決行、たま
原曲:砕月

たま-
向こうの世界は いつも 賑やか だけど どこか つまらなそうだ
「一緒に笑える」 それだけのこと とても大切なこと

對面的世界 一直都很熱鬧呢 但是又覺得哪裡說不出來的無趣
「一起放聲大笑」僅僅如此 就是世上無比重要之事了

 

ランコ-
教えてくれた君への感謝は 尽きないけれど 「ありがとう」 とは
照れくさくて 言えそうにない 今夜も 黙って乾杯

感激著妳所教會了的一切 雖然不足言表
然而說聲「謝謝妳」又覺得有些害羞 今晚也就默默的乾杯吧

 

「憂世鬱世」 云々嘆き節 肴に呷る酒の苦味よ
けれども染み入り酔いぬのは 君と居るからこそ

幽幽哀嘆著「憂世鬱世」的當下 一邊和著下酒菜品嘗苦酒的澀味
酒入三分而帶了些酩酊 一定是因為妳的陪伴吧

 

月夜に想い耽る 一方的な送り舟
何時何時苦しみ酒が染み またあの日を慈しみ
癖に成る様な嫌な辛味 酒は進めど蟠り
盃に君を投影 する度波紋や花見月
瞳が嵩を増さす 揺れる心は過度な摩擦
笑い話 にも出来ずに想いは盥回し (それでも回る世界)
そう変わらず二人は存在してる (今でも垢抜けない)
想いが交差し後悔し寝る

月夜下耽於沉思 目送已然駛遠的船舟
還要何年何月才能與妳共醉一刻呢 深切期盼著那一天的到來
因為多樣討厭的辛味 引起我一杯接著一杯的嗜酒成性
舉杯對影著妳的一切 隨著的是餘波盪漾的花見月
眼神逐漸變得世故 動搖的心也過度悸動著
付之莞爾 雖想這麼說 卻沒辦法於沉浸回憶的此刻實現 (而世界仍在運轉著)
如此毫無改變的兩人依然存在 (現在依舊不熟練呢)
思緒在空中交錯而過 後悔著沉沉睡去

 

たま、ランコ-
向こうの世界は 平穏無事 だけど どこか息苦しそうだ
肩の力を 抜き 過ごせる 場所ではないのだろう

對面的世界 一直都相安無事 但是又覺得哪裡說不出來的窒息感
似乎找不到一個 可以稍微喘息的場所呢

 

ランコ、たま-
「渡世は厭世」 云々 恨み節 肴に浸る酒の苦味よ
けれども染み入り酔いぬのは 君が居るからこそ

些許怨恨著「渡世厭世」的當下 一邊和著下酒菜品嘗苦酒的澀味
酒入三分而帶了些酩酊 一定是因為妳的陪伴吧

 

ランコ-
僕は 名前も 知られてない 君の 周りには 人集り
だから 僕は 少し 離れた 場所で 君を見ていた

妳仍未知曉我的名字 相比之下 妳的周圍總是圍繞著人群
所以說我呢 就稍稍的離了點距離 在遠處悄悄的看著妳

 

たま-
薄ざわめき 雲隠れの月 妙に 肌寒い 夜の小道
足元を照らす程度でいい 今夜は灯りが欲しい

若有似無的細語 在雲後藏起身子的月亮 些許冷冽的夜之小道
只需一點燈火照著腳下就好 今晚想要有些亮光啊

 

雨天決行-
当面の予定は未定 そう透明で依然差し出す両手
二人が見ず知らず 何て想いだす意気地無し
未来予想すら 幾ら重ねても肥大妄想
喉を詰まる言いたい事 弱音を吐き崩れる膝小僧
たまにの晩釈然の晩酌 全能まではいかず
「また、いつか」だけは誓う それで明日が始まりだす
実が無い話も根堀り葉堀り 二人の時間に華を咲かす
実感できれば有終の美 貴方の立場も重々承知

眼下的約定也流於未定 明知透明一般的約束 卻仍願意伸出的雙手
兩人看不到 也不清楚彼此 想要說些甚麼卻又沒有勇氣
於是設想了不少未來 卻也流於空泛幻想
有想說的話 然而喉嚨卻擠不出聲音 只能在雙膝顫抖的同時吐露著氣音
有時有些晚才了解的夜間淺酌 始終無法令大腦保持完全清醒
「再說吧、總有一天」僅止於口頭的承諾 於是日復一日的明日再次到來
即使是不實際的言語 我也將徹底深入其中 兩人的時間也將盛開繁花
有了實感再前往追求有終之美 我也能再次確認妳在我心中的地位

 

たま、ランコ-
向こうの世界が 幕を閉じて 彼らは 大きく 息をついた
僕らもいずれ 別れるだろう それぞれの行く先

對面的世界 幕簾也將拉上 他們也深深的鬆了一口氣
我們總有一天 也將告別的吧 各自前往自己的道路

 

たま、ランコ-
君との別れはちょっと悲しいけど 涙の別れはもっとつらい
だから僕はきっとその時 笑いながらに言うよ

與妳話別雖然有些傷感 但要我已淚作別 想必是更難過的吧
所以說我呢 在那一天 一定會笑著與妳說再見

 

たま、ランコ、雨天決行-
二人 騒ぎ 二人 酔い耽る 今夜が 最後でもないのに
僕の 視界が ぼやけていく 袖で こっそり拭う
薄雲越えて 注ぐ月明かり 君と 寄り添って この夜道
今夜は 月が明るいけど もう少し このまま

兩人一起嘻笑打鬧 一起把酒言歡 今晚不會是最後
我的視線也開始朦朧了起來 悄悄的用袖子擦了擦眼角
月色穿過了薄雲 灑滿了大地 與妳並肩同行 走過這條夜之小道
今晚的月有些兒亮呢 還請就這樣繼續下去吧

 

「憂世鬱世」 云々 嘆き節 肴に呷る酒の苦味よ
けれども染み入り酔いぬのは 君と居たからこそ
「渡世は厭世」 云々 恨み節 肴に浸る酒の苦味よ
けれども染み入り酔いぬのは 君が居たからこそ

幽幽哀嘆著「憂世鬱世」的當下 一邊和著下酒菜品嘗苦酒的澀味
酒入三分而帶了些酩酊 一定是因為妳的陪伴吧
些許怨恨著「渡世厭世」的當下 一邊和著下酒菜品嘗苦酒的澀味
酒入三分而帶了些酩酊 一定是因為妳的陪伴吧

廣告

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google+ photo

您的留言將使用 Google+ 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s