風に尋る R&B ver.

www.9tensu.com

Arrange:GCHM
Lyrics:Jell
Vocal:みぃ
Original: 麓の神社/神は恵みの雨を降らす~Sylphid Dream


 
叶わぬ恋をしたり 遠回りしたり
傷ついたフリしても 全部 一緒に笑えたのに

沒有結果的戀情與 繞了些遠路的過程
即使假裝受了些傷 依然為一切所有 一同歡笑

 

あの頃はいつまでも 散らかる部屋で
すぐ醒める夢の中 遊んでたっけなぁ… ねえ?

那份時光 隨著凌亂的房間一同流逝
只因在易醒的夢中一同玩樂過了 對吧?

 

もうそろそろ風は 木枯らしに変わる
冷たい夜の静寂どこか手を引いて 思い出ごと 遠い場所に連れてって

隨著枯黃的樹木 風兒也該是時候改變了
冷冽靜寂的夜裡 牽著不知何處的手 回想起曾被帶往遙遠彼方的記憶

 

「ひとりにも慣れたの」と 強がることも
諦めてしまえたら また 歩き出せるだろう

「習慣獨自一人」與故作堅強的想法
明明早已放棄的 卻又邁開了腳步

 

風の音また少し 強くなったかな
雨の匂いどうしても 好きにはなれないね

風聲又逐漸的變強了對吧?
不論試了幾次 雨的味道 還是無法喜歡上呢

 

解れかけた糸が どうしても切れず
すべてがありのままにまるで昨日のこと 蘇っては 手を振りまた繰り返す

解開了的連繫 總是無法剪斷呢
一切任憑自然 如同昨日的重現 不停的揮著手

 

いつかは終わりが来る 儚い日々と
知っていたはずなのに どうして涙なんか まだ

迎向完結的那一日終會到來 與夢中的日子一同
明明是早已知道的事 為什麼眼淚又…

 

そして訪れ来る 木枯らしの季節
何気ない瞬間を 何度何回でも そう 何度でも
いつも信じてる 戻らない時間の中
今も鮮やかに胸に残る 肩を抱いた風の日よ

於是木葉枯黃的季節 再度來訪
在毫無察覺的時刻 不論幾次 無數次地
始終堅信著 無法回首的時間裡
如今鮮明地留在胸中的 抱著肩膀的 那段屬於風的日子


發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s